コスメならパレットを使用【メイク道具に簡単に入る】

アンチエイジングの味方

浸透力に優れています

手

美白ケアやニキビケア、毛穴のひきしめなどで悩みを持っている人は多いでしょう。
このような肌トラブルに役立つのがビタミンc誘導体化粧水です。
ビタミンcはお肌の代謝に役立つビタミンであることは知られていますが、肌への浸透力や成分の安定性に欠けるといった弱点があります。
これを改良したのがビタミンc誘導体であり、肌への浸透力を高めて成分の安定性を保っています。
ビタミンc誘導体の肌への効果には、シミ・そばかす・ニキビの予防や茶くま・肌のくすみのケアなどが挙げられます。
このようなことから現在では、ビタミンc誘導体入りの化粧水に注目が集まっています。
ところで、ビタミンc誘導体には脂溶性・水性・両性の3タイプが存在します。
これらの中で肌への浸透性に優れているのが両性のビタミンc誘導体です。
美白作用やハリを与える作用があり、アンチエイジング向けの化粧水として注目されています。
成分名としては、パルミチン酸アスコビルリン酸3Naなどと表記されているので、まずはパッケージをチェックしてみましょう。
ビタミンc誘導体化粧水というととても高価なイメージがありますが、メーカーによって値段は様々です。
費用相場としては1か月分で3,000〜5,000円位までの商品が多いとされています。
決して安いわけではありませんが、かといって手が届かない値段というわけでもないようです。
また商品によっては詰め替え用のタイプもあり、これらは比較的リーズナブルです。

ビタミンcを効率的にとる

スキンケア用品

今、話題のビタミンc誘導体を配合している化粧品は多いです。
美白効果のあるビタミンcですが、壊れやすく不安定であるという欠点があります。
それを人工的に改良を加え、安定させたのが「ビタミンc誘導体」で、皮膚への浸透力が高いだけでなく、皮膚に浸透してからビタミンcに変わるという画期的な成分です。
それにより、新鮮な形でビタミンcを肌に届けることが出来るのです。
ビタミンc誘導体には抗酸化作用やメラニンを還元して色素沈着を防ぐ効果、皮膚分泌コントロール作用、肌をなめらかにする効果などの美容効果があります。
つまり、シミ、シワ、たるみなどに効果が期待できるということです。
しかし、ビタミンc誘導体は、かならずしも万能というわけではなく、いくつかの注意点もあります。
最も注意すべきことは、乾燥を招く恐れがあるということです。
そのため、乾燥肌の人や敏感肌の症状がある人には刺激になってしまうこともあり、それがもとでさらなる乾燥を招く結果になることも考えられます。
そのため、使用の際は、つっぱり感やヒリつきなどがないか、よく肌の状態をチェックすることが大切です。
また、いっしょに配合されている成分に注目することも大切です。
ビタミンc誘導体の効果を十分に発揮するためには、保湿成分との併用が有効とされています。
リピジュアやヒアルロン酸、コラーゲン、トレハロースなどといった保湿成分が入っているかも確認しましょう。
高レベルの保湿力を持つ成分が配合されていることが望ましいです。

お肌に合わせた選択を

化粧水

ビタミンcは強力な抗酸化作用が広く知られており、若返りや老化防止といったアンチエイジングには欠かせない成分です。
健康食品においては単体で販売されるほどの人気ですが、ビタミンc配合の化粧品も増え続けています。
しかし、化粧品の場合は浸透前に壊れやすいため、使用するのであればビタミンc誘導体として配合されているタイプを選択するべきでしょう。
ビタミンc誘導体はお肌に吸収されるよう改良を施されたものであり、アンチエイジングの効果を得るためには欠かせません。
ポイントはビタミンc誘導体にも種類がある点で、お肌の特徴を把握し、適したタイプの製品選びを心がけます。
また、ビタミンc誘導体において理解しておきたいのは、濃度が高いほどお肌が乾燥しやすいため、配合率やサポート成分にも意識を傾けることです。
乾燥肌が気になる場合は、他のビタミンc誘導体製品と比較し、配合率が低めのタイプを選定すると安心でしょう。
いずれにしても保湿成分配合タイプが用意されていることから、ビタミンc誘導体製品を避ける必要はありません。
一方でオイリーなお肌は皮脂抑制も期待できますので、配合率が高めでもメリットが得られることでしょう。
ニキビが気になる人には、配合率が高めの化粧品選びも工夫のひとつであり、ビタミンc誘導体の活用方法となります。
このほか、ビタミンc誘導体は水溶性と油溶性に分けられて配合されていますが、近年は両方の特性を持つ高浸透タイプも評判です。

美容成分を確実に肌の奥へ

スキンケア

微細なカプセルに美容成分をギュッと詰め込み、肌の奥深くまで届ける「QuSome浸透テクノロジー」を開発したビーグレン。肌にハリや潤いを与える成分が届けたいところにしっかり届き、じっくり時間をかけて効果をあらわしていきます。

もっと読む

アンチエイジングの味方

手

様々な肌トラブルに役立つといわれるビタミンc誘導体化粧水。これには3つのタイプがありますが、中でも肌への浸透力が優れているのが両性のビタミンc誘導体です。また価格はメーカーによって異なりますが、1か月分で3,000〜5,000円程度が相場です。

もっと読む

多機能なファンデーション

美容液

化粧下地やコンシーラーなどの役目を一つでこなす高機能なファンデーションがオンリーミネラルです。含まれるミネラル分によってシミや紫外線対策など肌トラブル予防をしてくれます。粒子が細かく浸透力が高いことも魅力です。色合いが多いため、知識を持つ人に相談して自分に合った色を選ぶようにしましょう。

もっと読む